転職の前に(2)で行ったなぜ転職をしようと思ったか。

たきつき

今回はまだまだ転職への準備を行います。
前回はなぜ転職をしたいのかを文書化し、自分の思いを整理してみました。

わかば

まだ準備をするの!!??
まだ???


そこに書かれていることをじっくりみてみましょう。
・現職での不満
・現職での不安
・現職でかなえることができない、自分のやりたいこと
・その他

これらになるのではないかと思います。
文書化したことの意味はこれから出てきます。

書きなぐってみたことを分類してみましょう。

ちなみにその他は非常に重要な項目なので、そのまま残します。
文書化したことで自分の気持ちが整理されてきます。

分類をしていくなかで、書いたけどこれってあまり重要じゃないよなという気持ちが出てくるはずです。
その場合は消さずに横に修正分をかきましょう。

わかば

なるほど!文書化することで自分の気持ちが、客観的に見れるようになりますね。また自分の気持ちの分類分けができるようになりますね!
たまにはまともなことをいいますね!!

まずは<現職の不満>を現職で改善できないかを考えてみましょう。

(例)
・給料がやすいよなー。 
社内資格や昇格試験等で給料の向上を探す。また副業を考えトータル収入の向上を行う。
・隣の部署の佐藤(仮)がいちいち文句言ってきてうざい
元上司等に相談して対応をお願いする。また部署移動をお願いする

いやいやそんなのできないよ。会社内での関係性もあっていえるわけがない。
という意見がありますが、転職リスクを考慮したときにそれを避けることができないかをしっかりと
考えることが必要です。

次は<現職の不安>です。

・最近の売り上げと収益が悪くて、ほんとにこの会社大丈夫かと心配になる。
・斜陽業界だからこの先自分が定年になるまでつづくんだろうか
不安は漠然としたもので、姿形が見えないものです。自分がいまおかれている状況や精神状態によって
この不安の数、大きさ、種類は左右されていきます。また現在すぐに解決できるものでもない問題が
多いです。ここでも目的は不安要素を不安要素として理解することです。

そして最後に<現職ではかなえられない自分のやりたいこと>です
・私は本当はもっと華やかで目立つ仕事がしたいのに、会社は私の実力をわかってない
やりたいことは今後の転職活動の燃料になります。自分のブースター燃料が存在していること
をしっかり理解しましょう。

何度もいいますが、転職はリスクです。ヘッドハンティングであってもリスクである。
会社が違うことはすべてのベースの考え方が違うということです。
仕事、ヒト、評価、給料、もの、金すべていままでの知見とは異なることであること
そのことをまずはしっかりと覚悟をすることが大事であるとおもいます。
今までの会社でちょっとしたリスクを冒して実現できるのであれば、
そのリスクをどう見るかではないでしょか??

ここで一つの注意点。不満、不安で上げているものが、期間限定である場合があります。
来週の報告会がいやだなあ。

来月の取引先とのやり取りがいやで仕方ない。
など期間限定のものについては、項目の後ろに(解消日)を記載してみてください。
そしたら、消えていく不満や不安もでてくるのではないかなと思います。

自分の気持ちは状況や環境や精神状態によって左右されやすいです。
解消日を記載することで期間限定であることを明確にすることで解消されない問題と
解消される問題を区別しましょう。